バイク 廃車

バイクの廃車とは?

廃車というと自動車のイメージがありますが、バイクが壊れてしまったり、乗らなくなるなど使わなくなったときも、廃車手続きが必要となります。

 

乗らないからといってどこかにとめっ放しにしたり、海岸や山奥などに乗り捨ててしまうことは厳禁です。
バイクの場合は、自動車よりも簡単な手続きとなるので、さっそくどのような手順となるのかご紹介しましょう。

 

まず、バイクの廃車手続きはその排気量によって異なります。

 

125cc以下の原付やバイクの場合は、必要書類等を揃えた上でナンバープレートを外し、自分の住んでいる自治体の役場で書類を提出の上、廃車証を受け取ります。
その後解体業者にバイクや原付を引き取ってもらいます。


126cc以上250cc以下のバイクの場合、ナンバープレートを外すところまでは同じですが、廃車の手続きに行くのは陸運支局となります。
陸運支局に必要書類を提出すると、軽自動車届出済証返納証明書を受け取ることが出来ます。
その後解体業者などに引き取り依頼するところは同様です。


251cc以上のバイクの場合は、126cc〜250ccの場合とほぼ同じ流れとなりますが、一つプラスとなるのは、「軽自動車税の申告」という部分。
軽自動車届出済証返納証明書を受け取った後、陸運支局の中にある、自動車税事務所で軽自動車税を停止する手続きをとる必要があります。
これを忘れると、廃車したつもりでも毎年税金の請求が来てしまうので、注意が必要です。


 

いずれの場合も、廃車手続き後、自賠責保険の有効期限がまだある場合は、保険会社に返還請求をすれば残りの期間に応じて返還してもらえるので、この手続きも忘れずに、早めに行いましょう。

 

バイクの廃車手続きは、以上のような流れとなりますが、バイクを売却する場合はこれらの流れは買い取り業者が代行することになります。
ケースに合わせて廃車の手続きを検討すると良いでしょう。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 


バイクの廃車について

バイクの廃車に関する知識を身につけましょう。
「廃車」という意味が分からないと困ります。
これは基本中の基本ですのでしっかりと理解しておきたいですね。

 

バイクは各エリアを管轄する運輸支局で登録をしなければ行動を走行してはいけないのです。
道路を走っているバイクは全部登録手続きをしている事が原則なんですね。

 

そして税金を払わなければならないし、強制保険にも入らなければなりません。
登録すると車両の情報とか持ち主の個人データが管理されて、税金の請求書が郵送されてくるのです。

 

「廃車」は、こういった登録した情報を抹消する事を指します。
運輸支局のデータベースに登録されている車両情報とか個人データを抹消してしまって、ないものとするのです。
廃車する事によって、税金は発生しなくなって、保険の加入も必要なくなります。

バイクの抹消登録と解体

バイクを廃車をする場合には、「解体」をして「抹消登録」をしなければなりません。
「解体」は、バイク本体を処分する事です。
まあ簡単に言えばスクラップにしてしまう事ですね。
もしも、ナンバープレートが付いていたら取り外してバイク本体を処分する形になります。

 

つづいて「抹消登録」です。
まず取り外されたナンバープレートは各地域管轄の運輸支局へ提出します。
そして所定の手続きをして受理されればナンバープレートの登録が抹消されます。
「抹消登録」というのは手続き上の処分にすぎません。
バイク本体を処分する「解体」のみをしても「抹消登録」をしなければ、その車両を廃車したとは言えないのです。
バイクの廃車処分とか抹消登録の手続きを業者に依頼をするケースは、こういった手続きを一括して代行してくれるのが一般的なパターンですね。

一時抹消登録とは

抹消登録には二種類あって、永久抹消登録と一時抹消登録があります。
永久的にバイクの登録を抹消してしまうのが、永久抹消登録です。
一方、一時抹消登録は、一時的な登録を抹消しておきますが、再登録をすれば再び普通にバイクを利用する事ができます。

 

一時抹消登録をすると、永久抹消登録では発行される事がない一時抹消登録証明書が交付される事になります。
この書類はバイクの再登録をする時に必要となる大切な書類になります。
もしも紛失したりすると、再交付手続きをする事になります。
しかしとても面倒な手続きになりますから、大切に一時抹消登録証明書は保管をしておいて欲しいですね。

 

一時的に登録を抹消する以外に一時抹消登録は、永久抹消登録をする時にも使われる場合があるのです。
永久抹消登録をする際は、バイクを解体して永久抹消登録という手順になります。
しかしながら業者によっては解体に数週間かかる場合もあるのです。
この場合に月をまたぐと税金の還付金額も少なくなってしまいますから、それを避けるために一度一時抹消登録をして課税対象から外しておき、その後解体して、永久抹消登録になる場合もあります。
こういった抹消登録の方法を解体抹消と呼んでいます。

永久抹消登録とは

普通「抹消登録」と言いますと永久抹消登録の事ですね。
二度と乗る事がないバイクは、そのデータを永久に抹消する為に抹消登録をしなければなりません。
通常は、バイク本体をまず解体します。
そして陸運局にて、これらの抹消登録の手続きを行います。
事故などによって走行できなくなったバイクとか買い替えをする時に、古いバイクを処分する場合には、この永久抹消登録の手続きをするのです。
原則的に乗れないとか売れないというバイクは、この手続きをして処分する事になりますね。
けれどもどういったバイクでも、まずは買取業者に査定をしてもらうと良いでしょう。
取引が有料になるようなケースは、引取に特化している解体業者とかディーラーや整備工場に一度相談してみてください。
無料で引取をしてくれるケースも多々有るのです。
そして、部品のリサイクルができるようならば、解体業者に直接持ち込んで無料で引き取ってもらえるなんてケースもあるみたいですね。

 

陸運局に行って永久抹消登録をする時には、バイク本体を解体したという証明になる「解体届出」が必要になります。
解体業者にバイク本体を引き渡した後に発行される書類です。
永久抹消登録の手続きに必要とされる書類に関しては、各運輸支局によって異なる場合があるのです。
事前に確認しておくと間違いないでしょう。

永久抹消登録と一時抹消登録の違い

不要になったバイクは抹消登録をしなければ課税対象になります。
しかしながら長期間の出張とか旅行などで、数年間にわたってバイクに乗らない状態になった場合はどうでしょうか?
そのままならば、乗っていなくても税金を支払わなくてはなりませんね。
けれども一回も乗っていないバイクに税金を払うのは少々違和感があるでしょう。
そういったケースは、一時抹消登録という事ができます。

 

これは一時的にそのバイクの登録を抹消する為の手続きなんです。
一時抹消登録をしておけば税金の支払い義務はストップされます。
当然このケースの抹消登録については一時的なものなのです。
再登録をする事によって再び公道を走行する事が可能です。
数ヶ月程度の期間ならばあまり効果はないでしょうが、年単位でバイクに乗らないという場合があるならば、コストセーブになるのは間違いありません。

 

完全に登録を抹消してしまうのは、永久抹消登録と呼ばれます。
普通に「抹消登録」というと永久抹消登録の事です。

 

 

バイクの廃車とは?関連ページ

バイクの廃車はどこでするの?
バイクの排気量により、廃車を行う場所が異なります。自分のバイクに合わせた場所を選択しましょう。
バイクの廃車に必要な手続き
バイクの排気量により、廃車に必要な手続きが変わってきます。自分のバイクにあった手続きをしなければなりませんので、注意しましょう。
バイクの廃車に必要な書類
バイクの排気量により、廃車に必要な書類がことなります。自分のバイクに合わせて、適切な書類を準備しましょう。
バイクの廃車にかかる費用
バイクの排気量により、廃車時にかかる費用がかわります。自分のバイクに合わせた金額を用意しましょう。