バイク 廃車 書類

バイクの廃車に必要な書類

 

 

バイクの廃車に必要な手続きにあたっては、所定の役所にバイクから外した
ナンバープレートと印鑑、および必要書類を持参することが必要となりますが、
この必要書類と提出先は、バイクの排気量によって異なります。
ここでは、具体的にどのような書類が必要なのかご紹介します。

 

 

[125cc以下の原付、バイクの場合]
手続きする場所:市区町村役場
必要な書類
○標識交付証明書(ナンバーを交付されたときに受け取った書類)
○廃車申告書(市区町村役所で入手可能)
この標識交付証明書は紛失してしまうケースも多いのですが、その場合は運転免許証・保険証と印鑑を持参することで再発行の手続きをとることが可能です。


[126cc以上のバイクの場合]
手続きする場所:陸運支局
必要な書類:126cc〜250ccのバイクの場合と、250cc以上では必要な書類が異なるので注意しましょう。


≪126cc〜250ccのバイクの場合≫
○「軽自動車届出済証返納届」(陸運支局内で入手可能)
○「軽自動車届出済証」(ナンバーを交付されたときに受け取った書類)
○「自賠責保険証明書」(有効期限内のもの)
○「軽自動車届出済証返納証明書交付請求書」(陸運支局内の売店で購入可能。ただし、解体処分にすることが決まっている場合は必要ありません)


≪250cc以上のバイクの場合≫
○「自動車検査証」(ナンバーを交付されたときに受け取った書類)
○「申請書」(OCRシート第3号様式の2。陸運支局内で入手可能)
○「手数料納付書」(一時使用中止の場合。陸運支局内で入手可能)
○「軽自動車税申告書」(陸運支局内の自動車税事務所で入手可能)

 

これらの必要書類は提出先の機関に記入例があるので、それに即して漏れの無いよう記入し、ナンバープレートと共に返納することで、バイクの廃車手続きは完了となります。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 


バイクの買取に必要な書類

今回はバイクの買取に必要な書類をまとめてみました。
バイクの種類別に整理しておりますので、参考にしてみてください。

 

125cc以下のバイクの買取の場合

  • 役場で発行される標識交付証明書
  • 印鑑
  • 身分証明書…自動車運転免許証またはパスポート

これらが125cc以下のオートバイに必要な物となります。
自賠責保険の書類については、会社によって判断が変わりますのでご確認ください。
自賠責保険があれば、その分査定を高くしてくれる会社は少ないのです。
ご自身で払い戻しをしてはどうでしょうか?

 

126cc以上249cc以下のバイクの買取の場合

  • 軽自動車届出済証
  • 印鑑
  • 身分証明書…自動車運転免許証またはパスポート

これらが必要ものです。
こちらも自賠責保険に関する部分は125cc以下と同様です。

 

251cc以上のバイクの買取の場合

  • 車検証
  • 身分証明書(運転免許証かパスポート)
  • 印鑑

以上のものが必要です。
自賠責保険に関しては、区分が陸運局となります。
車検と同時に支払いが義務付けられていますから、車検と一緒に売買するスタイルです。

 

ここで、所有者と売却者が異なるケースについての説明をしておきましょう。
所有者と売却者の名前が同じであれば問題はありません。
しかし、異なっている場合は、委任状などが必要になるのです。
委任状は書類に記載された本人が、売却者に対して名義変更の手続きの一切を委任するものです。
これには印鑑証明書とその印鑑証明書に登録された同一の印鑑を押印した委任状が必要となるのです。
この二つがない限りは名義変更ができません。
必ず準備をしておきましょう。

 

 

バイクの廃車に必要な書類関連ページ

バイクの廃車とは?
バイクの排気量によって、廃車にする時の手続きが違ってきます。ご自分のバイクに合わせた廃車方法を選択しましょう。
バイクの廃車はどこでするの?
バイクの排気量により、廃車を行う場所が異なります。自分のバイクに合わせた場所を選択しましょう。
バイクの廃車に必要な手続き
バイクの排気量により、廃車に必要な手続きが変わってきます。自分のバイクにあった手続きをしなければなりませんので、注意しましょう。
バイクの廃車にかかる費用
バイクの排気量により、廃車時にかかる費用がかわります。自分のバイクに合わせた金額を用意しましょう。