期限 自賠責保険 任意保険

期限が残っている自賠責保険・任意保険はどうなるの?

廃車の時点で自賠責保険や任意保険の有効期限が残っている場合は、解約手続きを取ることが可能です。

 

自賠責保険の場合は、1ヶ月以上有効期限が残っていれば、解約手続きを取ると返戻金を受け取ることが可能です。

 

ただし、ここで注意しなければいけないのは、いつをもって1ヶ月前とするか、という事です。

 

自賠責保険の解約の場合、市区町村役場や陸運支局で廃車手続きを取った日時ではなく、保険会社に解約手続きを取った日時で計算します。
廃車した時が1ヶ月以上前でも、保険会社に行った日が1ヶ月を切っていたら返戻金はもらえないので気をつけましょう。
また、もらえる金額は有効期限の残り期間に比例しているので、遅れれば遅れるほど減っていきます。

 

手続きの流れは、市区町村役場や陸運支局で廃車手続きした後、自賠責保険会社で解約手続きを取ることになります。

 

その際に必要となるのは以下の通りです。

○自賠責保険証の原本
○廃車証、軽自動車届出済証返納証明書等廃車を証明する書類のコピー
○印鑑(自賠責保険証に記載されている印鑑と同一のもの)
○所有者名義の振込先口座(記入する申請用紙は保険会社にあります)

 

任意保険の場合、あらかじめ廃車の日程が決まっていれば「先付け解約」という制度を利用し、廃車日以降の支払いを払わなくても良くなります。
また、保険の契約は月単位なので、契約開始日より前に解約すれば、その次の月の支払いは払う必要がありません。

 

ただ、もし廃車後すぐに新しいバイクに乗り換える場合は、バイクを入手するまでいったん保険を中断するとよいでしょう。
その際には、「中断証明書」が発行されます。
少し期間が空いたとしても、いちから入りなおすより、現在の割引などを利用したほうが得な場合もあるので、乗り換え予定がある場合は保険を中断するのもひとつの方法です。

 

自賠責の場合も、任意の場合も、保険の手続きのことで不明な点がある場合、自賠責保険証に保険会社のお問い合わせ先が記載されているので、あらかじめ電話などで確認してから訪問するとよいでしょう。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


期限が残っている自賠責保険・任意保険はどうなるの?関連ページ

盗難バイクを処分する方法とは?
盗難にあったバイクの処分方法は、そのバイクの排気量により、手続きがいくらか違ってきます。処分時は注意しましょう。
家族名義の放置バイクを売るには?
家族名義のバイクを売却する場合には、本人の了承が必要です。売却時には、本人の了解を得るのを忘れないようにしましょう。
廃車後のバイクをもう一度乗るには?
廃車後のバイクに乗るためには、手続きが必要になりますが、その手続きはバイクの排気量によって異なるので、あらかじめ確認するのをわすれないようにしましょう。
バイクが車検切れでも大丈夫?
車検切れのバイクでも、廃車手続きを行うことは可能です。ネットの一括査定サービスを利用し、買い取り業者と連絡をとりましょう。
バイクを譲ってもらったら?
バイクを貰う場合には、名義人変更の手続きが必要になります。手続きはバイクの排気量により異なるので、あらかじめ調べておきましょう。
個人売買に必要な書類と手続きは?
バイクの排気量により、個人売買を行うための手続きが変わってきます。あらかじめ、確認しておくようにしましょう。
自動車税を払っていなくても大丈夫?
自動車税未払いのバイクであっても、廃車の手続きを行うことはできます。ただし、その場合で納税義務は元の所有者にあり、納税はしなくてはなりません。