個人売買 書類 手続き

個人売買に必要な書類と手続きは?

バイクの個人売買には、名義変更の手続きが必要となります。

この手続きはバイクの排気量によって異なりますが、排気量が125cc以下の場合は市区町村役所、126cc以上の場合は陸運支局での手続きとなります。
251cc以上の大型バイクの場合は、車検切れしている場合は実車を陸運局に持ち込み、検査を通す必要があります。
ここでは、排気量別に必要な手続きをご紹介します。

 

 

 

[125cc以下のバイクの場合]

 

(1)手続きの流れ
売主が在住する市区町村役所で廃車手続きを行った後、廃車手続き時に役所で受け取った書類を買主が受け取り、買主が在住している市区町村役所で名義変更手続きを行います。
バイクの自賠責保険が切れている場合は、新たに加入の手続きも行います。

 

(2)必要な書類
売主:廃車証明書・自賠責保険証明書・譲渡証明書
買主:軽自動車税申告書ならびに標識交付申請書・身分証明書・印鑑・石ずり

 

[126cc以上250cc以下のバイクの場合]

 

(1)手続きの流れ
バイクの新所有者の在住地の陸運支局にて名義変更手続きを行います。
名義変更手続きは書類上の手続きのみとなり、代理人に依頼する場合も委任状は必要ありません。

 

(2)必要な書類
売主:軽自動車届出済証・自賠責保険証明書・譲渡証明書・印鑑・ナンバープレート
買主:印鑑・住民票・軽自動車届出済証記入申請書・軽自動車税申告書・自賠責保険証明書(売る側の自賠責保険が切れている場合のみ)

 

(3)費用
名義変更自体の申請費用は無料です。

ナンバープレートが名義変更時に変わる場合は、ナンバープレート代として600円程度必要になります。

 

[251cc以上の場合]

 

(1)手続きの流れ
バイクの新所有者の在住地の陸運支局にて名義変更手続きを行います。

名義変更を行うバイクの車検が切れている場合は、陸運局に実車を持ち込んで車検を通す必要があります。

 

(2)必要な書類
売主:車検証・自賠責保険証明書・譲渡証明書・印鑑・ナンバープレート・軽自動車納税証明書・委任状(代理人にお願いする場合)
買主:印鑑・住民票・自動車検査証記入申請書・軽自動車税申告書・手数料納付書

 

(3)費用
名義変更自体の申請費用は無料です。

ナンバープレートが名義変更時に変わる場合は、ナンバープレート代として600円程度必要になります。
また、用紙代として100円程度が必要です。
車検が切れている場合は検査手数料として1400円が必要となり、その他自賠責保険料、自動車重量税などのお金も必要となります。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


個人売買に必要な書類と手続きは?関連ページ

盗難バイクを処分する方法とは?
盗難にあったバイクの処分方法は、そのバイクの排気量により、手続きがいくらか違ってきます。処分時は注意しましょう。
家族名義の放置バイクを売るには?
家族名義のバイクを売却する場合には、本人の了承が必要です。売却時には、本人の了解を得るのを忘れないようにしましょう。
廃車後のバイクをもう一度乗るには?
廃車後のバイクに乗るためには、手続きが必要になりますが、その手続きはバイクの排気量によって異なるので、あらかじめ確認するのをわすれないようにしましょう。
期限が残っている自賠責保険・任意保険はどうなるの?
自賠責保険や任意保険の期限が残っている場合、解約時に返金させることもあります。確認を怠らないようにしましょう。
バイクが車検切れでも大丈夫?
車検切れのバイクでも、廃車手続きを行うことは可能です。ネットの一括査定サービスを利用し、買い取り業者と連絡をとりましょう。
バイクを譲ってもらったら?
バイクを貰う場合には、名義人変更の手続きが必要になります。手続きはバイクの排気量により異なるので、あらかじめ調べておきましょう。
自動車税を払っていなくても大丈夫?
自動車税未払いのバイクであっても、廃車の手続きを行うことはできます。ただし、その場合で納税義務は元の所有者にあり、納税はしなくてはなりません。