バイク 車検切れ 廃車

バイクが車検切れでも大丈夫?

車検切れしたバイクでも、廃車手続きをすることは可能です。

 

しかし、廃車に当たっては、市区町村役場や陸運支局など所定の機関で廃車手続きを取った後、解体業者または運送業者に依頼し、車体を運んでもらう必要があります。
何故なら、たとえそのバイクが自走可能であったとしても、車検切れした状態で公道を走ると、厳しい処罰の対象になるからです。

 

車検切れのバイクで公道を走行すると、「道路交通法違反(無車検運行)」にあたり、6点減点となります。
過去無違反であったとしても、「30日の免許停止」と、「6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰金」という非常に厳しい刑事罰がついてしまうのです。
しかも、これは交通違反の反則金とは異なり、前科がつきます。

 

車検が切れているということは当然、自賠責保険に未加入であると考えられます。
この場合「道路交通法違反」6点減点がさらに追加されたうえ、(つまり12点)一気に「90日の免許停止」と、「1年以下の懲役、または50万円以下の罰金」の刑事罰がつきます。
過去に違反があった場合はさらに点数が増え、免停になる可能性もありえます。

軽い気持ちでやったことでも、取り返しのつかない結果になる場合が多いのです。

 

車検切れのバイクを廃車にする際は、「仮ナンバー」を取得したり、解体業者に輸送方法を相談するなどして、違反行為を起こさないようにしましょう。
また、大手バイク買取業者の場合はこういったケースに慣れているので、買取業者に依頼するのも一つの方法です。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


バイクが車検切れでも大丈夫?関連ページ

盗難バイクを処分する方法とは?
盗難にあったバイクの処分方法は、そのバイクの排気量により、手続きがいくらか違ってきます。処分時は注意しましょう。
家族名義の放置バイクを売るには?
家族名義のバイクを売却する場合には、本人の了承が必要です。売却時には、本人の了解を得るのを忘れないようにしましょう。
廃車後のバイクをもう一度乗るには?
廃車後のバイクに乗るためには、手続きが必要になりますが、その手続きはバイクの排気量によって異なるので、あらかじめ確認するのをわすれないようにしましょう。
期限が残っている自賠責保険・任意保険はどうなるの?
自賠責保険や任意保険の期限が残っている場合、解約時に返金させることもあります。確認を怠らないようにしましょう。
バイクを譲ってもらったら?
バイクを貰う場合には、名義人変更の手続きが必要になります。手続きはバイクの排気量により異なるので、あらかじめ調べておきましょう。
個人売買に必要な書類と手続きは?
バイクの排気量により、個人売買を行うための手続きが変わってきます。あらかじめ、確認しておくようにしましょう。
自動車税を払っていなくても大丈夫?
自動車税未払いのバイクであっても、廃車の手続きを行うことはできます。ただし、その場合で納税義務は元の所有者にあり、納税はしなくてはなりません。