自動車税 バイク 廃車

自動車税を払っていなくても大丈夫?

廃車手続きをする陸運支局と自動車税事務所は、管轄が異なるので、自動車税を払っていないバイクでも、廃車の手続きを取ることは可能です。

陸運支局は国が、自動車税事務所は都道府県が管轄しています。

 

ただし、自動車税の支払いが溜まっていると、当然延滞金が請求されるので、早めに納税することが大切です。

 

支払期限までに払わない場合の延滞金利は、滞納している期間が納付期限後1ヶ月以内の場合は年7.3パーセントですが、その後は年利14.6パーセントとなります。
これは積もり積もれば、なかなか馬鹿にならない金利です。

 

自動車税を払っていないバイクの廃車手続きは、陸運支局に行き、通常の廃車手続き同様必要書類とナンバープレートを返納することで完了します。
陸運支局の中には、自動車税事務所があるので、廃車手続きの際にこちらにも立ち寄り、納税の手続きを行いましょう。

 

このとき自動車税事務所で支払いを行わなかった場合、しばらくすると自動車税の請求納付書が送られてきます。
この納付書を使えば、自動車税を納めることが可能です。

 

ちなみに、自動車税を滞納しているバイクを中古バイク買取業者などに売却することも可能ですが、納税義務はもちろん、もとの所有者にあるため、延滞金の請求はずっとついて回ります。

 

いずれにせよ、廃車と手続きと同時に自動車税の納税手続きを行うに越したことはありません。

 

 

簡単操作のオンライン査定はこちら!

 

オンライン査定の『バイク比較.com』なら簡単に「バイク王」や「バイクブロス」などのバイク買取専門業者から最大6社の見積もりを比較できますので、忙しくて時間のない方にはとっても便利でお得ですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


自動車税を払っていなくても大丈夫?関連ページ

盗難バイクを処分する方法とは?
盗難にあったバイクの処分方法は、そのバイクの排気量により、手続きがいくらか違ってきます。処分時は注意しましょう。
家族名義の放置バイクを売るには?
家族名義のバイクを売却する場合には、本人の了承が必要です。売却時には、本人の了解を得るのを忘れないようにしましょう。
廃車後のバイクをもう一度乗るには?
廃車後のバイクに乗るためには、手続きが必要になりますが、その手続きはバイクの排気量によって異なるので、あらかじめ確認するのをわすれないようにしましょう。
期限が残っている自賠責保険・任意保険はどうなるの?
自賠責保険や任意保険の期限が残っている場合、解約時に返金させることもあります。確認を怠らないようにしましょう。
バイクが車検切れでも大丈夫?
車検切れのバイクでも、廃車手続きを行うことは可能です。ネットの一括査定サービスを利用し、買い取り業者と連絡をとりましょう。
バイクを譲ってもらったら?
バイクを貰う場合には、名義人変更の手続きが必要になります。手続きはバイクの排気量により異なるので、あらかじめ調べておきましょう。
個人売買に必要な書類と手続きは?
バイクの排気量により、個人売買を行うための手続きが変わってきます。あらかじめ、確認しておくようにしましょう。